FujiYama’s blog

バイオリン弾きの日常的な生活の風景、感想などのブログです 政経もけっこうあります

今ごろではあるけれどもBluetoothスピーカー使ってみる

YouTubeをよく音楽で使うので、スマホのスピーカーではあまりに貧弱で、PC用もさっぱりなので、昨年末に思い切ってスピーカーを買った。 コンポはCDを1から買いそろえるのが厄介なのでやめておいた。 なかなかの音質で、もっと早くこんなよいものは購入して…

音楽はどの宗教でも無宗教でも同じ

日本人の通説では、クラシック音楽はキリスト教のもので、そこにはキリストの教えが含まれるから要注意あるいはやってはいけないものとされている。 もう21世紀なのだが、信じられないことにまだそう教えていてそれを信じるしかない子供や情報弱者がいるのだ…

今はれいわなのだが

明日香奈良天平白鳳平安鎌倉、、、元号も変わり続けて今はれいわ。 なにか善意が通じたらとか、ほっておけば解決するとか、努力が報われるとか能天気に平安貴族のヒーローかヒロインのつもりの日本人には困ったものだ。 政治をテレビマスコミの報道で分析す…

悪質なカルトからの非難は却下

昔、二十代のころから、新興宗教の人たちにとことん馬鹿にされ、誹謗中傷の限りを尽くされてきた。 数ある誹謗の中で、不見識をさらしていたものもあり、久しぶりにグリンカのルスランとリュドミラを聴いて弾いていてこれだと思った。 はじめて社会人オケに…

猛暑に危険を感じる

暑い☀️。どうにもならない。冷房をかければ快適。電力需給は政治の責任である。正当防衛で冷房かけっぱなし。そんなシンプルなことを記事だというのも厚かましい。今日の東京都文京区は34度あったそうだ。生きてればどうにもならないツラさはある。文明の力…

バイオリンの初歩技術が面白い

昨年、新しく出逢えた新作の秀作、透き通った美女と絶賛するバイオリンが我が家に来てから、新しい彼女となれそめの日々を過ごしてきた。 バイオリンは微妙に寸法が違うから、まず寸法に慣れる必要がある。 それから透き通っている音、精度が高いので神経質…

私利私欲と個人の幸福追求

ユダヤ神道は私利私欲であり、日蓮・キリストは個人の幸福追求を認める。 混合型や派生型になると私利私欲に流れて表面上の個人の幸福追求となる。 強欲にカネに条件反射するユダヤ神道に染まると回復は難しい。 全体観、公益を忘却してカネに走る国際金融資…

日本人に対する強制参拝時代

今の日本に信教の自由はない。 表向きとキリスト教やイスラム教にユダヤ教といった外来宗教は本部が海外なので自由を担保されやすい。 しかしそれでも日本の文化風習に従えと言って、特異な政治のもとで行政による圧力をかける。 ましてや仏教なんて神道の孫…

運賃体重制度

バスに乗っていてふと思った。 バス料金を体重で決めたらよいのだと。 大人210円子供100円などの定額制の会社と乗車区間による運賃の会社があるが、それらはどちらも公平ではない。 一停留所でも210円だし始発から終点でも210円。 バスが傾くほどの乗客が100…

コンビニフランチャイズ裁判とエリートのズレ

セブンイレブンの店主が訴えた訴訟の話題は、そもそも日本の商慣行の問題なのか、法的に基準とするべきものに司法が関与するかどうかという問題なのか、政局と宗教の問題なのか、ごちゃ混ぜに論じる意味はない。 コンビニのフランチャイズ契約は、高収入奴隷…

日蓮と日蓮宗各派の違い

天皇観の多様化が、戦前と戦後の大きな違いで、自由主義は戦後のキリスト文明の影響とあわせて完全に神道と皇室への見方を変えた。国教会を伊勢神宮とユダヤ財閥およびキリスト文明への忠誠という変異型に移行させたため、日本国のくくり、共同体は富裕層と…

音大に何を求めるか?

音楽大学がここまで凋落してしまった致命的弱点 学生数激減で経営危機!何を間違えてしまったか 大内 孝夫 : 名古屋芸術大学芸術学部教授という記事が東洋経済オンラインに出ていて、日本人にとっての音楽の特殊性を改めて考えさせられた。 この教授は銀行畑…

政治は負のスパイラル 杉並区長選挙結果の意味

政党勢力をA自民維新国民民主公明B立憲共産社民れいわに大別する必要がある。 Aは年金福祉半減、終身雇用廃止、自由化、自己責任をさらに進める。 Bは終身雇用回復、労働法制回復、組合交渉回復、共同相互扶助を重視する。 Aの主張はBに投票する人たちを減ら…

赤字国債の問題は防衛費倍増で無視

もともと赤字国債は軍事予算の無制限な拡大を制限するための用語である。 お勉強していない一般大衆は、公共事業、インフラ、教育予算に目くじらを立てる。 必要な予算を削って、国民の寿命を縮めて、防衛費で株価を上げれば大成功。 厚労省から薬剤と食品安…

参院選 議席伸ばしてほしいのは「野党」42% 毎日新聞世論調査

18日の報道。 金融緩和継続でさらなる円安と物価高が加速することは、ドシロウトでも少し考えればわかる。 与党、岸田首相は新自由主義をさらに推し進め、国民生活を窮乏させてなんら問題なしと涼しい顔をしている。 さすがに野党が重要だと感じる人が増えた…

平飼いたまごを求めてサイクリング

2021-10-30 スーパーの卵がまったく変わった 「ヨード卵!お前もか!?」 という拙記事から半年以上の間、すぐに破れる黄身の卵ばかりではさすがに憂うつになり、ヨード卵がダメなら何を選べばよいのかわからず、殻の色に騙されるのは最悪なので、先日グーグ…

ほんとうの優しさで豊かになる がん細胞と精神病因子がすべての動物にある

最近は放火のニュースが多いなと思いながら、これも政治と宗教が悪いからだと深刻さを思う。 さまざまな事件が退職後でもなく、社員まで引き起こすもの。 ガンの話ばかりでなく、精神衛生に気を付けなければならない。 すべて生活習慣、心の問題で、そこから…

世間知らずにはヘヴィな1冊、自己中には情熱的1冊、優秀で孤独な人が前向きになる1冊

気になる1冊目 調査報道記者 国策の闇を暴く仕事日野 行介 著 明石書店山本太郎氏(れいわ新選組代表)推薦! 「こんな記者がスタンダードだったなら、私は政治家にはならなかった」原発事故後、数多くのスクープを通じて隠蔽国家・日本の正体を暴き続けた…

エンゲル係数プラスアルファ

24・5%というのは令和元年平均だそうだ。 30年も昔、当たり前に時々食べていた180g5000円を超える国産和牛ヒレ肉をふと思い出した。ヤマギシというヤバい農事組合法人の優良な自然農法飼育の最高級品は、ほどほどの味で嫌いではなかった。当時高校生のわた…

権威主義はダメとか環境が大事とか誰がなんのために言っているの?

池田大作本人が学会は最高権威だと言っていた。 法華経訓読のための日蓮正宗大石寺版として「真訓両読妙法蓮華経並開結」を昭和36年に出した発刊の辞の結びに、「宗教界の王者として哲学界の最高権威としての創価学会にふさわしい名誉」とある。 池田は、日…

所得倍増はなく生活費倍増が進行中

岸田首相がまず第一にしているのは株価である。 イギリスで明言したのは記憶に新しい。 新しい資本主義という得たいの知れないキャッチに健全な期待をしてはならない。 国民の所得倍増ではなく、富裕層の資産所得倍増のプランだから、給料は実質まったく上昇…

プーチン辞任説はなぜ繰り返されるか

とうとう今月で辞任99%という専門家まで現れた。 今まで何ヵ月言われているが、根拠はなにもない。 プーチン大統領というかロシア人のコミュニティは今までどおり、平和で誇りを持って求心力を維持している。 反プーチンは出国している。 逮捕者も相当数だ…

歯科で専門家の方々にお手入れを教えてもらう

昨年の初夏から歯科健診というのか専門用語は知らないのだが、歯科へ通うことができている。 忙しいとか気ぜわしいとか、あまりイメージがよくないとか、自分は毎日みがいているから大丈夫とか、すぐ近所の歯医者さんは政治がらみでイヤだとか、さまざまなこ…

子育てと積極財政を実行中の明石市その他

2022年6月7日参議院内閣委員会での泉市長の話に心から納得した。 明石市で11年市長をやって、予算を倍増させて、子育ての応援施策を専門職を配置して成功させた心ある人間である。 「国の基準では子供が死ぬ」 「国の基準が間違っている」 「将来とはいつで…

食糧備蓄と災害への備え(食糧危機への具体的対策例)

ライフラインは突然、全部停止する。 復旧は地区と世帯によって時差がかなりある。 電気だけ2日後復旧、ガスは1ヶ月後復旧、水道は、、、という具合だが、その実際はまったく予想できない。 震災後の被害例が多岐にわたり、各種備蓄は1ヶ月程度が必要なので…

黒田総裁発言の本質的問題

黒田総裁発言、根拠の調査とずれ 回答を切取り紹介という産経新聞記事が参考になる。 2022/6/9 20:30米沢 文 経済 東大大学院の渡辺努教授らの調査をきっかけとしているものの、「国民が値上げを乗り切れると前向きな見方を打ち出したことが反発を買った可能…

食糧危機は貧困層と中間層まで

ウクライナの紛争で小麦が輸出できないというプロパガンダはあえなくバレバレになり、陸路もあるし、下らない中傷合戦と殺戮と破壊は続く。 世界の食糧生産は全体としては変わらない。 問題はサプライチェーンマネジメントが消滅して、適正に流通しなくなる…

日本政府が障害者権利委員会に提出した事前質問事項に対する民法規定に関する回答についての要望

障害者権利条約の第1回目となる締約国審査が本年8月に実施される。5月31日に日本政府が障害者権利委員会に提出した事前質問事項に対する回答が6月8日公開された。 回答にはいくつも重大な人権問題並びにその疑いが認められるが、特に夫婦に関する民法規定…

仕事依存性の恐ろしさ

なにか自分の人権とか自由とか存在とか、なにもかも仕事してるから許されるという感覚がありふれている。 未開の中国とか日本とか部族社会とか、おきてやコミュニティのしきたりとか、その流れが残っていて、すべてが悪いわけではない。 社会貢献することは…

円安がなぜ悪いのか?

円安誘導で世論をまとめて、日銀の政策、アベノミクスをひたすら推進している政府与党とお追従の経済専門家たちがマスコミを独占している。 自分の持っているお金の価値が下がるようにして、物価をひたすら上げる。 脳が正常ならお金の価値を上げようとする…