FujiYama’s blog

日常的な生活の風景、感想などのブログです 政経もけっこうあります

虐待の潔癖性 恐怖の極東宗教 日蓮正宗が広く支持されない理由

誰しも健康で勤労の義務を果たして豊かな生活を送りたいと願うものだ。
全盲のピアニストや全盲のバイオリニスト川畠さんなど、恵まれた障害者たちは、技能を身に付け、両親のバックアップをほとんど受けなくてもよい程度にまで自立している。
現役を長く続けて周囲に慕われる高齢者も自立していると言える部類だろう。
子育てや家事全般を請け負うお母さんたちも立派に自立した大人でなければ務まらない。
みんな努力してできる限り社会貢献しようとするとは限らないが、自由主義経済だから自然と人のためになるのが人の営みである。
しかし、日本文化の中には、異次元の価値観が存在している。
極端に言えば障がい者高齢者は害毒で、現役勤労世帯は有益だという基準である。
日蓮正宗において、その価値観と基準で、障害者たちは、目の敵にされ、生活保護受給者などはやく自殺すればよいのにと発言する僧侶も実際にいる。
キリスト教カトリックにおいても、良く似た文化風習がある。勤労の美徳を絶対視する価値観から、障害者はやっかい者扱いであり、生活保護受給者は敵なのである。カトリックの一員として悩んでおられる障がいをお持ちの方もいる。
近年のカトリック離れは、その虐待のニュースとともに著しく、大々的に精神障がい者に寛容であれとキャッチを打たなくてはならないほどである。
はっきり勤労できない人たちに怠惰のレッテルを貼り付け、差別排除してきたのであるから、そういうキャッチも打たなくてはならない。
西洋のごく一部の潔癖性が過ぎる人たちの話だけではなく、日本人にもそういう宗教があるということで、不人気極まりない。
西洋では宗教離れと生活保護容認と教会の寛容性をもって、障がい者にも生活保護受給者にも生きる権利や自由を全体として認めたが、これは日本においても同じように変化してきた。
まったく変わろうとしないのは日蓮正宗の内部の文化風習、価値観、基準である。
他の日蓮正宗信徒の方のブログでも家族から暴行虐待を受けたという記述を読んだが、どうやら暴行虐待は日常茶飯事の当たり前だという開き直りをする文化である。
カトリックが極端過ぎて、民心から離れたように日蓮正宗においても暴行虐待が当たり前で障がい者には自殺を奨めるということで、多くの民心は日蓮正宗を支持しない。一部の虐待マニアたちが支持するのみである。
いくら潔癖性で勤労が好ましいからといっても、極端過ぎて虐待はダメだという政治勢力が多数派をとっているのは政治的な健全性である。
そこのところを人気取りだというのは、明らかな虐待側の自己正当化に過ぎない。
カトリックはさすがに世界の潮流を意識しているから虐待はまずいと認めている。
日蓮正宗は本来あらゆる生命の成仏、つまりあらゆる心の幸福と歓喜を目指す教えである。
金本位制度の時代に障がい者高齢者を井戸や山に捨てていた価値観のまま、現代において虐待の正統性を誇示することは、教えにも反する愚かしい自殺行為である。
現在の日蓮正宗は悪いほうの伝統を意固地になって守ろうとする反社会的勢力としての性質を有するのではなかろうか?
日蓮の教えが正しくて、障がい者高齢者をも救わなければならないのが、厄介でめんどくさい人たちも相当数存在しているのだ。蓮祖がうとましいのである。
だからこそ法華講の参加者は偏るし、入信してからそれっきりになることが常態化している。
八十万人体勢の内実はスカスカのせいぜい登山ニ十万体勢ではなかろうか?本山の大御本尊を御守りするためにニ十万いて大喜びできるのは素晴らしいことだが、果たして大聖人様が本当にお喜びになる宗といえるかどうか、これは極めて甚だ疑問である。
本尊に間違いはなく、大聖人のお言葉に間違いはなく、僧侶と法華講役員には大変な間違いが歴然としてあるように見受けられる。
願わくば僧侶法華講総員が時代錯誤から目覚めて皆成仏の法を正しく弘めて頂きたい。
障がい者生活保護受給者はいらないといいながら日蓮大聖人様の皆成仏の法というのは二枚舌そのものであるからだ。
障がい者高齢者ははやく死んでしまえと平気で言える人たちに、明るい未来も、この瞬間の即身成仏も断じてあり得ない。
日蓮正宗でいうところの広宣流布とは広く支持されるものであり、皆成仏の法を弘めることである。但し書きを無限に加筆する差別と排除の日蓮正宗には大発展も広宣流布も不可能なのである。
日本人の障がい者は約一千万人いる。その親族と貧困層の高齢者までふくめていじめ殺すホロコーストの思想が仮にも蔓延しているのであれば、きわめて著しく人権感覚の欠落した宗教だ。
少し昔は障がい者も親になりやすかったが、今の状況では少子化も進むわけである。
なにしろ高齢者障がい者はやっかい者であるから。昔の人たちのほうが偉いし、きちんとした信心をしていたのだなと思う。
一方で日本の与党の政治では経済が悪すぎて、経済政策をきちんとしなければいくつ虐待防止法を制定しても実際守られずに悲劇を生むのだから、そのあたりを変えられる議員を待ち望んでおきたい。決して与党に全面的賛意や支持はしていない。