FujiYama’s blog

バイオリン弾きの日常的な生活の風景、感想などのブログです 政経もけっこうあります

韓国人叩きが愚かな理由

世界中で中国が覇権を拡大して、世界は中国の問題を比較的理解している。

しかし韓国を叩くのは、日本人が世界を知らないからできる愚行である。

韓国の兵器や車が人気で、一定はライバル視するのも無理はないが、叩く必要はない。

日本国内でトラブルが続発している本当の理由は、中国人が優遇されて激増し、その煽りで韓国人叩きが先鋭化してきたためだ。

在日韓国人が減り続けて三分の二程度になったのは種の保存の危機そのものであろうし、他方で在日中国人は以前の10倍以上の80万人をこえている。

その極端な数字を調べて見て欲しい。

ここでも創価学会の悪さが顕著であり、それまではなんとか折り合ってきた地域の日韓住民関係がもはや破綻しつつある。

その原因は明らかだから、むしろ韓国人に対しては丁寧に支援するスタンスが賢明である。

違法行為に対しては個別に対応するべきで、韓国人拒絶の条例や掲示は恥ずべき非人道性として厳に戒められるべきである。

一般的な多くの日本人が極右をスタンダードにしていることは、世界からの信用を落とす信用失墜行為につながっている。

中国マネーにへつらう多くの日本人学会員や神道民なんて犬より悪い。

そもそも神道は古代カルトの気違いだ。

今時、神道を誇りにする異常者たちは、世界のカモになるだけだ。

世界で対等に付き合うためには、小国を叩くのはかなり愚かである。

韓国をカモにできないことを意味している。

テロリストを増やす排外主義なのだ。